www.isantiweather.com
いきなり遭遇するのが自動車の事故です。その状況で何をどうやって行動したことが要因となり車の保険料の支払金も異なる場合も想像されますので考え方と対応力が不可欠です。思っていない場面にパニックになってしまうのならば大事な工程を見逃してしまい後々自身がかなりの損を受ける状況もありますので自動車の事故に巻き込まれた時には適切に次に述べる判断を行います。事故に遭遇した場面で一番初めにする必要があるのは重軽傷者の状況の確認です。事故後すぐは動揺してショック状態になってしまう状況があり短期間で行動を起こせないのが通常です。その状況では、負傷者がいたとしたら危険が少ないところに運んで応急手当して、救急車を呼ぶなどを行い人命の最優先に努めることが大事です。119番通報する時は適切な現場を知らせて、良く分からない状態では辺りの目を引くお店や交差点を知らせて事故の現場の地点が分かってもらえるようにします。その次に警察署へ知らせて事故が発生したことさらに現在の様子を知らせます。救急車と警察が来るのを待っている時間に事故の相手の情報を調べます。名前、住んでいるところ、TEL番車のプレート事故の相手の保険会社名のようなそれぞれのことを教えます。この時に相手にミスがあるような時にはすぐに結論を出そうとする場面が考えれますが片付けるのではなくどんな風な状況にかかわらず警察や自動車保険会社に通報して、ちゃんと調査してもらうようにしましょう。互いの情報を教えたら他の人のさまたげになることをやめるために障害になる物を道の上から取り去ります。もし障害となった物が他の障害物となっている場合には自分と相手の情報交換をするより優先してこれを行うことは問題ありません。その次に自分の入っている保険屋さんに連絡を入れ、自動車での事故が起きた事を届け出ます。事故から一定の時間の内に保険会社に知らせておかないと交通事故の保険の適用除外にされる場合もありえますので極力遅れることなく電話を入れることが必要不可欠です。可能ならば事故現場の手がかりとして、携帯のカメラなどで現場や自動車の破損箇所の写真を撮っておきます。その写真は落ち度の割合決定する際にとても大きな手がかりとなるのであなたの車や相手の愛車の破損をきっちりと証拠として残しておくことが重要です。その時に目撃者がいたならば警官の方が保険屋さんやってくるまで一緒にいて頂けるように呼びかけることも重要です。